オトコエシ【植物検索・撮れたてドットコム】

オトコエシ

Patrinia villosa
オミナエシ属
ENG=オミナエシ科 Valerianaceae
APG=スイカズラ科 Caprifoliaceae

植物検索のトップページへ


オトコエシ 拡大画面へ

オトコエシは荒地や草地に生える多年草。黄色い花を咲かせるオミナエシが女性的に見えるのに対して,花が白色で,頑強な感じがすることからこの名がある。
根元から匐枝を伸ばして這い回り,その先に子苗をつける性質がある。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


オトコエシ 2008年7月30日 山梨県乙女高原

【漢字名】男郎花 【別名】チメクサ,トチナ
【花期】8〜10月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜目
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,原野・草原,岩場・礫地


オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ
オトコエシ ひとつひとつの花は白くてごく小さい(山梨県乙女高原) オトコエシ 茎(山梨県乙女高原) オトコエシ 茎葉@(山梨県乙女高原) オトコエシ 茎葉A(山梨県乙女高原) オトコエシ 茎葉火(山梨県乙女高原) オトコエシ 匐枝の先に子苗をつける(山梨県乙女高原) オトコエシ 根生葉(山梨県乙女高原)
オトコエシ 詳細画面へ オトコエシ 詳細画面へ
オトコエシ 葉表(山梨県乙女高原) オトコエシ 葉裏(山梨県乙女高原)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのオトコエシ関連ページへ

図鑑jpのオトコエシ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のオトコエシより)
黄色くて愛らしいオミナエシに対して,色が抜けたようなのでオトコエシである。単に色だけではなく,オトコエシの方が茎が太く,全体にがっしりしているのも確かだ。また,生育環境もオミナエシがススキの生える草原のようなところを好むのに対して,オトコエシは崩壊地や荒地といった,少しがさがさした場所である。個体数もオミナエシに比べて圧倒的に多く,その点もありがたみがない。
美しくて価値あるものを「女」,ありふれていて見栄えのしないものを「男」に例えるのは,男性の1人としては少々心外ではあるが,まずはうまいネーミングと納得してしまう。
茎の基部からつるを出すのも,オミナエシにない特徴。

オトコエシと同じ属の仲間(オミナエシ属)
オミナエシ
 
オトコエシと同じ科の仲間(オミナエシ科)
ノジシャ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】