マツバウンラン【植物検索・撮れたてドットコム】

マツバウンラン

Linaria canadensis
ウンラン属
ENG=ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
APG=

植物検索のトップページへ


マツバウンラン 拡大画面へ

マツバウンランは,1980年頃から目につくようになった比較的新参の帰化植物。空地や中央分離帯など,荒地に多い。群生すると遠くから見て芝生が紫色に染まっているように見える。
距の長いタイプと短いタイプがある。
マツバウンランを撮る
いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


マツバウンラン 2008年4月20日 愛知県新城市

【漢字名】松葉海蘭
【花期】4〜6月 【分布】本州(関東,中部,近畿,中国)・四国 【草丈】すね〜ひざ
【環境】人里・田畑,原野・草原,岩場・礫地,都市・市街地


マツバウンラン 詳細画面へ マツバウンラン 詳細画面へ マツバウンラン 詳細画面へ マツバウンラン 詳細画面へ
マツバウンラン 花正面(愛知県新城市) マツバウンラン 花側面(愛知県新城市) マツバウンラン 距。これは短い個体(愛知県新城市) マツバウンラン 茎葉(愛知県新城市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのマツバウンラン関連ページへ

図鑑jpのマツバウンラン関連ページへ

マツバウンランと同じ属の仲間(ウンラン属)
掲載種はありません。
マツバウンランと同じ科の仲間(ゴマノハグサ科)
ムラサキサギゴケ
  タチイヌノフグリ
  オオイヌノフグリ
  エダウチスズメノトウガラシ
  ウリクサ
  クガイソウ
  ツタバウンラン
  タチコゴメグサ
  エゾコゴメグサ
  ヤマウツボ
  キクモ
  ミヤマママコナ
  ママコナ
  ミゾホオズキ
  オオバミゾホオズキ
  オオバミゾホオズキ
  セイヨウヒキヨモギ
  コシオガマ
  フラサバソウ
  ヤマクワガタ
  ミヤマコゴメグサ
  キュウシュウコゴメグサ
  ホウライシソクサ
  スズメノトウガラシモドキ
  オニシオガマ
  エゾルリトラノオ
  ヤマルリトラノオ
  トウテイラン
  ヒメトラノオ
  エゾミヤマクワガタ
  ミヤマクワガタ
  ゴマノハグサ
  オオヒナノウスツボ
  ヒキヨモギ
  ヒメクワガタ
  ツシマママコナ
  ホソバママコナ
  ルリトラノオ
  コゴメイヌノフグリ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】