キュウシュウコゴメグサ

Euphrasia insignis ssp. iinumae var. kiusiana
ゴマノハグサ科 コゴメグサ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 双子葉植物合弁花類 > ゴマノハグサ科 > コゴメグサ属 > キュウシュウコゴメグサ

キュウシュウコゴメグサ 拡大画面へ




いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


キュウシュウコゴメグサ 2002年9月4日 広島県西城町 alt.=1117m

【漢字名】九州小米草
【花期】7〜10月 【分布】本州(近畿,中国)・九州 【草丈】足首以下〜すね
【環境】山地・低山,原野・草原,岩場・礫地

キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ キュウシュウコゴメグサ 詳細画面へ
キュウシュウコゴメグサ 花正面(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 花側面。萼が短く花冠の1/3ほど(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 萼はほぼ均等に4裂する(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 葉は幅が広く鋸歯の先が鋭くとがる(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 葉表(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 葉裏(広島県西城町) キュウシュウコゴメグサ 茎。下向きの毛が生える(広島県西城町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのコゴメグサ属
タチコゴメグサ  エゾコゴメグサ  ミヤマコゴメグサ 
このほかのゴマノハグサ科
マツバウンラン  ムラサキサギゴケ  タチイヌノフグリ  オオイヌノフグリ  エダウチスズメノトウガラシ  ウリクサ  クガイソウ  ツタバウンラン  ヤマウツボ  キクモ  ミヤマママコナ  ママコナ  ミゾホオズキ  オオバミゾホオズキ  オオバミゾホオズキ  セイヨウヒキヨモギ  コシオガマ  フラサバソウ  ヤマクワガタ  ホウライシソクサ  スズメノトウガラシモドキ  オニシオガマ  エゾルリトラノオ  ヤマルリトラノオ  トウテイラン  ヒメトラノオ  エゾミヤマクワガタ  ミヤマクワガタ  ゴマノハグサ  オオヒナノウスツボ  ヒキヨモギ  ヒメクワガタ  ツシマママコナ  ホソバママコナ  ルリトラノオ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】