ヒルガオ【植物検索・撮れたてドットコム】

ヒルガオ

Calystegia japonica
ヒルガオ属
ENG=ヒルガオ科 Convolvulaceae
APG=ヒルガオ科 Convolvulaceae

植物検索のトップページへ


ヒルガオ 拡大画面へ




植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ヒルガオ 年月日

【漢字名】昼顔
【花期】5〜10月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】(つる草)
【環境】人里・田畑,原野・草原


ヒルガオ 白花 2002年8月19日 秋田県男鹿市

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのヒルガオ関連ページへ

図鑑jpのヒルガオ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のヒルガオより)
仮に早春の雑木林などにこの花が咲いていたら,誰しも歓声を上げるようなスター的野草になっていたかもしれない。やさしいピンクはカタクリやシラネアオイにも見劣りはしない。
しかし,夏のやぶに絡まって咲く姿は少々暑苦しい。早朝開いて昼頃にはしおれてしまうアサガオと比べても,いつまでも咲いているヒルガオは少々厚顔なイメージが強いかもしれない。
「朝咲く花の朝顔は,昼にはしぼんでしまいます。
昼咲く花の昼顔は夜にはしぼんでしまいます」
三好達治の詩「かよわい花」の一節である。
朝顔に比べればいくぶん花もちがよく,日中いっぱい開いているものの,やはり与えられた定めに従って生きているのは変わりない。
「みんな短い命です。けれども時間を守ります。
そうしてさっさと帰ります。どこかへ帰ってしまいます」
この詩はこう閉じられる。

【見わけ方】
コヒルガオは名のとおりやや小型で,葉の基部がほこ形に張り出す。また花柄に翼があるのもコヒルガオの特徴。

ヒルガオと同じ属の仲間(ヒルガオ属)
ハマヒルガオ
 
ヒルガオと同じ科の仲間(ヒルガオ科)
ネナシカズラ
  グンバイヒルガオ
  アサガオガラクサ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】