クサタチバナ

Cynanchum ascyrifolium
ガガイモ科 カモメヅル属

植物図鑑のトップページへ


クサタチバナ 拡大画面へ

クサタチバナは,山地の草原に生える多年草。花が橘に似ているのでこの名があるが,ガガイモ科で,ミカン科のタチバナと類縁関係はない。6月頃日当たりのよい草原で見かけることが多い。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


クサタチバナ 2008年6月15日 滋賀県伊吹山

【漢字名】草橘
【花期】6月 【分布】本州(関東,中部,近畿)・四国 【草丈】すね〜ひざ
【環境】山地・低山,高山・亜高山,原野・草原


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカモメヅル属
イケマ  シロバナカモメヅル  イヨカズラ 
このほかのガガイモ科
サクララン 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】