エゾノツガザクラ

Phyllodoce caerulea
ツツジ科 ツガザクラ属

植物図鑑のトップページへ


エゾノツガザクラ 拡大画面へ

エゾノツガザクラは,ツガザクラ属の仲間のうち,北海道と東北地方にだけ分布しているもので,この植物のおかげで北海道の山は華やぎがあるといってもいいほど普通に見られる。
高山の釣鐘形の花を咲かせるツツジ科のうち,紅紫色の花をつけるのはエゾノツガザクラにまちがいない。
アオノツガザクラとの間に中間型がある。
高山の岩場や草地に生える常緑低木。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


エゾノツガザクラ 1995年7月9日 北海道知床半島

【漢字名】蝦夷の栂桜
【花期】7〜8月 【分布】北海道・本州(東北) 【草丈】足首以下〜すね
【環境】高山・亜高山,岩場・礫地


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのツガザクラ属
アオノツガザクラ 
このほかのツツジ科
ネジキ  アセビ  コバノミツバツツジ  ヒメシャクナゲ  コメバツガザクラ  イワヒゲ  サラサドウダン  イワナシ  アカモノ  ハナヒリノキ  ウラジロハナヒリノキ  ハクサンシャクナゲ  モチツツジ  ゲンカイツツジ  ミヤマホツツジ  ツルコケモモ  コケモモ  チシマツガザクラ  ジムカデ  ミネズオウ  エゾツツジ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】