ウラジロハナヒリノキ

Leucothoe grayana var. glaucina
ツツジ科 イワナンテン属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 双子葉植物合弁花類 > ツツジ科 > イワナンテン属 > ウラジロハナヒリノキ

ウラジロハナヒリノキ 拡大画面へ

ハナヒリノキは,山地の岩場に生える落葉低木。自生するのは近畿地方以北で,落葉樹林体を主体にして分布する。花は壷形で,一列に長い花序を作る。淡黄緑色。赤味を帯びることも多い。
有毒植物で,かつて葉を粉にして殺虫剤として使われたが,この粉がくしゃみを誘うことからハナヒリノキの名がある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ウラジロハナヒリノキ 2008年8月14日 北アルプス八方尾根

【漢字名】裏白噎の木
【花期】6〜8月 【分布】本州 【草丈】胸〜背丈
【環境】高山・亜高山,森林・林縁,岩場・礫地


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイワナンテン属
ハナヒリノキ 
このほかのツツジ科
ネジキ  アセビ  コバノミツバツツジ  ヒメシャクナゲ  コメバツガザクラ  イワヒゲ  サラサドウダン  イワナシ  アカモノ  アオノツガザクラ  ハクサンシャクナゲ  モチツツジ  ゲンカイツツジ  ミヤマホツツジ  ツルコケモモ  コケモモ  チシマツガザクラ  ジムカデ  ミネズオウ  エゾノツガザクラ  エゾツツジ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】