コイチヤクソウ

Orthilia secunda
イチヤクソウ科 コイチヤクソウ属

植物図鑑のトップページへ


コイチヤクソウ 拡大画面へ

コイチヤクソウは,ちょっと変わったイチヤクソウの仲間で,普通イチヤクソウ属とは別のコイチヤクソウ属に位置づけられる。
顕著なちがいは花が全開せずに花柄の片方に集まってつくこと。明らかな花盤があり花粉が単粒で葉が地上茎に散生するなどさまざまな点で違いがある。
花柄が45度ほどの角度に曲がりその先に花をつける姿もイチヤクソウ属の種にはない特徴的な形。
亜高山の林の中に生える多年草。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コイチヤクソウ 1995年7月1日 北海道知床半島

【漢字名】小一薬草
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】足首〜すね
【環境】山地・低山,高山・亜高山,森林・林縁


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのコイチヤクソウ属
掲載種はありません。
このほかのイチヤクソウ科
ギンリョウソウ  ウメガサソウ  ギンリョウソウモドキ  コバノイチヤクソウ  ベニバナイチヤクソウ  マルバノイチヤクソウ  シャクジョウソウ  ジンヨウイチヤクソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】