ギンリョウソウ

Monotropastrum humile
イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属

植物図鑑のトップページへ


ギンリョウソウ 拡大画面へ

ギンリョウソウは,薄暗い林の中に生える葉緑素のない腐生の多年草。
全草光沢のある白色で葉緑素はまったくない。
植物としては奇異な姿をしているため,めずらしい植物と思われがちだが,低山から深山まで普通に見られる。
よく似たものに,シャクジョウソウ属のギンリョウソウモドキがあるが,花期は秋で萼片や花弁に細かい切れこみがあり,果実は本種が液花で下向きなのに対して,さく果で上を向く。秋に開花するのもギンリョウソウとちがうところ。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ギンリョウソウ 2003年7月5日 群馬県利根郡片品村 alt.=1657m

【漢字名】銀竜草 【別名】ギンリョオソウ,ユウレイタケ
【花期】5〜8月 【分布】日本全土 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,森林・林縁


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのギンリョウソウ属
掲載種はありません。
このほかのイチヤクソウ科
ウメガサソウ  ギンリョウソウモドキ  コイチヤクソウ  コバノイチヤクソウ  ベニバナイチヤクソウ  マルバノイチヤクソウ  シャクジョウソウ  ジンヨウイチヤクソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】