アマニュウ

Angelica edulis
セリ科 シシウド属

植物図鑑のトップページへ


アマニュウ 拡大画面へ

アマニュウは,亜高山の草地や北地の海岸に生える多年草。
シシウドに似て草丈は人の背を越える。アマニュウには小総苞片があるので識別できる。
シシウドより分布は北に偏り,花期は早めで6月から咲くところもある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アマニュウ 2008年7月20日 長野県霧ケ峰

【漢字名】甘にゅう 【別名】マルバエゾニュウ,アマニウ
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部,中国)・四国 【草丈】胸〜背丈
【環境】山地・低山,原野・草原,海岸

アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ アマニュウ 詳細画面へ
アマニュウ 小花序。シシウドよりも繊細で平べったい感じがする(長野県霧ケ峰) アマニュウ 小総苞片は少数(長野県霧ケ峰) アマニュウ 総苞片はない(長野県霧ケ峰) アマニュウ 葉鞘の基部はふくらむ(長野県霧ケ峰) アマニュウ 茎はシシウドよりやや細く,紫色を帯びることが多い(長野県霧ケ峰) アマニュウ 葉(長野県霧ケ峰) アマニュウ 葉表(長野県霧ケ峰)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのシシウド属
ノダケ  ハマウド  シラネセンキュウ  シシウド  オオバセンキュウ  エゾニュウ  ミヤマトウキ  ヒメノダケ  イワニンジン 
このほかのセリ科
シャク  ツボクサ  セリ  ヤブジラミ  オヤブジラミ  セントウソウ  ハマゼリ  ミツバ  ノラニンジン  ハマボウフウ  オオチドメ  ヤブニンジン  ヤマゼリ  ウマノミツバ  カノツメソウ  マツバゼリ  ホタルサイコ  ドクゼリ  エゾノシシウド  ミヤマゼンコ  ミヤマセンキュウ  オオハナウド  ハナウド  オオバチドメ  ヒメチドメ  ボタンボウフウ  カワラボウフウ  オオカサモチ  イワセントウソウ  イブキボウフウ  ハマイブキボウフウ  ムカゴニンジン  シラネニンジン  イブキゼリモドキ  エゾボウフウ  コガネサイコ  ミシマサイコ  セリモドキ  タカネイブキボウフウ  タニミツバ  ヌマゼリ  ミヤマウイキョウ  イヌニンジン  エキサイゼリ  レブンサイコ  シムラニンジン  ヒメウマノミツバ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】