ミヤマトウキ【植物検索・撮れたてドットコム】

ミヤマトウキ

Angelica acutiloba ssp. iwatensis
シシウド属
ENG=セリ科 Umbelliferae
APG=セリ科 Apiaceae/Umbelliferae

植物検索のトップページへ


ミヤマトウキ 拡大画面へ

ミヤマトウキは,低山地に生えるトウキの高山型。トウキより葉の幅が広いのが特徴。
同じようなところに生えているセリ科のほかの種と識別するには,光沢のある葉と裂片の幅が比較的広くあまり細かくない2-3回3出複葉が目安になる。
総苞片は0-1個,小総苞片が数個。萼島には毛がなく萼歯もないといわれるが,写真のものは総苞片が3個あり,不明瞭ながら萼歯もある。
北海道の蛇紋岩地帯には,小葉の幅が細いホソバトウキが分布する。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ミヤマトウキ 2003年7月13日 秋田県秋田駒ヶ岳 alt.=1578m

【漢字名】深山当帰 【別名】イワテトウキ
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北) 【草丈】足首〜すね
【環境】高山・亜高山,原野・草原,岩場・礫地


ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ
ミヤマトウキ 花序(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 総苞片は普通0-1個といわれるがこの個体は3個ある(秋田県秋田駒ヶ岳)(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 小花序(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 小総苞片は数個あり花柄とほぼ同長(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 花(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 花側面。萼歯はないといわれるがごく微細な萼歯が見える(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 複葉。小葉の先が鋭いのが特徴のひとつ(秋田県秋田駒ヶ岳)
ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ ミヤマトウキ 詳細画面へ
ミヤマトウキ 葉表。光沢がある(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 葉裏(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 葉鞘(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマトウキ 茎(秋田県秋田駒ヶ岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのミヤマトウキ関連ページへ

図鑑jpのミヤマトウキ関連ページへ

ミヤマトウキと同じ属の仲間(シシウド属)
ノダケ
  ハマウド
  シラネセンキュウ
  シシウド
  アマニュウ
  オオバセンキュウ
  エゾニュウ
  ヒメノダケ
  イワニンジン
 
ミヤマトウキと同じ科の仲間(セリ科)
シャク
  ツボクサ
  セリ
  ヤブジラミ
  オヤブジラミ
  セントウソウ
  ハマゼリ
  ミツバ
  ノラニンジン
  ハマボウフウ
  オオチドメ
  ヤブニンジン
  ヤマゼリ
  ウマノミツバ
  カノツメソウ
  マツバゼリ
  ホタルサイコ
  ドクゼリ
  エゾノシシウド
  ミヤマゼンコ
  ミヤマセンキュウ
  オオハナウド
  ハナウド
  オオバチドメ
  ヒメチドメ
  ボタンボウフウ
  カワラボウフウ
  オオカサモチ
  イワセントウソウ
  イブキボウフウ
  ハマイブキボウフウ
  ムカゴニンジン
  シラネニンジン
  イブキゼリモドキ
  エゾボウフウ
  コガネサイコ
  ミシマサイコ
  セリモドキ
  タカネイブキボウフウ
  タニミツバ
  ヌマゼリ
  ミヤマウイキョウ
  イヌニンジン
  エキサイゼリ
  レブンサイコ
  シムラニンジン
  ヒメウマノミツバ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】