オオアカバナ

Epilobium hirsutum var. villosum
アカバナ科 アカバナ属

植物図鑑のトップページへ


オオアカバナ 拡大画面へ

オオアカバナは,東北から中部地方にかけて,点々と分布が知られるだけのまれな種。ユーラシア大陸には広く分布するので,水鳥の脚について種子が運ばれたのではないかという推測もある。
福島,新潟県などで古くから知られていたが,石川,青森,秋田,長野県などからも自生の情報がある。現在,石川,新潟県では確認できないという。
上記の推測が正しければ,今後も新たな自生地が出現する可能性も大きい。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オオアカバナ 1992年7月21日 青森県弘前市 alt.=30m

【漢字名】大赤花
【花期】6〜8月 【分布】本州(東北,関東,中部) 【草丈】腰〜背丈
【環境】人里・田畑,山地・低山,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼

オオアカバナ 詳細画面へ オオアカバナ 詳細画面へ
オオアカバナ 柱頭が4つにわかれるのが特徴(青森県弘前市) オオアカバナ 葉(青森県弘前市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアカバナ属
ヤナギラン  アカバナ  ヒメアカバナ  ミヤマアカバナ  トダイアカバナ 
このほかのアカバナ科
メマツヨイグサ  ヒレタゴボウ  チョウジタデ  コマツヨイグサ  ヒルザキツキミソウ  マツヨイグサ  ウシタキソウ  タニタデ  ミズタマソウ  オオマツヨイグサ  ミヤマタニタデ  キダチキンバイ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】