キブシ【植物検索・撮れたてドットコム】

キブシ

Stachyurus praecox
キブシ属
ENG=キブシ科 Stachyuraceae
APG=キブシ科 Stachyuraceae

植物検索のトップページへ


キブシ 拡大画面へ

キブシは,早春の林の縁に,縄のれんのような花をぶらさげる落葉低木。ソメイヨシノが咲き出す前,葉に先駆けて花を咲かせる。この花は,まだ紅葉が始まる前に,すでにつぼみを形成している。沢沿いの林などに多い。地域によって,花序の長さなどに変異が多い。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


キブシ 2008年4月19日 三重県菰野町

【漢字名】木五倍子
【花期】3〜4月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】胸〜背丈以上
【環境】


キブシ 詳細画面へ

キブシ 葉(長野県木曽郡大桑村)
キブシ 果実期 2008年6月10日 長野県木曽郡大桑村

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのキブシ関連ページへ

図鑑jpのキブシ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のキブシより)
毛雨(けさめ)という表現がある。この稿を起こすまでそう思っていた。
ところが,この言葉は「広辞苑」にも「日本語大辞典」にも掲載されていない。あげくの果てにネットで検索しても,出てくるのは中国語のサイトか,「猫毛雨」という表現が九州の方で使われることを記したものだけだ。
どうやら,自分の知っている毛雨ということばはごく地方的な言い方,すなわち方言らしいということが明らかになった。
なぜ,この言葉を調べたかというと,「キブシには春の毛雨がよく似合う」と書き出したかったからだ。私のイメージではどうしてもここは「毛雨」以外にぴったりくる言葉がなかった。
黄色と呼ぶにはあまりにも淡い黄が,雨と呼ぶにはあまりにも細かい毛雨にけぶるさまは,春と呼ぶにはあまりにも,浅い春である。

【ひとくちメモ】
キブシは雌雄別株で雄株と雌株がある。

【見わけ方】
キブシは北海道西南部から鹿児島県まで分布するが,形態に変化が多く,いくつのも変種が報告されている。しかし,中間型も多くすっきり分けるのは難しい。

キブシと同じ属の仲間(キブシ属)
掲載種はありません。
キブシと同じ科の仲間(キブシ科)
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】