タデスミレ

Viola thibaudieri
スミレ科 スミレ属

植物図鑑のトップページへ


タデスミレ 拡大画面へ

タデスミレはスミレ属の中でもひときわ変わった形態のスミレ。名のとおりタデの仲間を思わせる葉が最大の特徴。日本では2ヶ所自生地が知られていたが,そのひとつはすでに絶滅して久しい。
同じように大陸にも数ヶ所ごく限られた点状の自生地が知られている。近縁な種が見当たらないこととその分布形態から見て,スミレ属中でも古い種だと見られる。
落葉樹林下の半陰地に生え,5月から6月にかけて花を咲かせる。花に香りがあるが,タデスミレ独特の爽やかな香りである。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


タデスミレ 1992年6月2日 長野県

【漢字名】蓼菫
【花期】5〜6月 【分布】本州(中部) 【草丈】すね〜腰
【環境】山地・低山,森林・林縁

タデスミレ 詳細画面へ タデスミレ 詳細画面へ タデスミレ 詳細画面へ タデスミレ 詳細画面へ タデスミレ 詳細画面へ
タデスミレ 花は細弁の白色。独特のさわやかな香りがする(長野県) タデスミレ 距は短い(長野県) タデスミレ 柱頭はこん棒状,側弁には毛が生える(長野県) タデスミレ 葉はとてもスミレとは思えないような披針形(長野県) タデスミレ 托葉は櫛の歯状に切れ込む(長野県)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのスミレ属
タチツボスミレ  ニョイスミレ  アオイスミレ  コスミレ  マルバスミレ  スミレ  ヒメスミレ  ニオイタチツボスミレ  ナガバノタチツボスミレ  スミレサイシン  ノジスミレ  エゾノタチツボスミレ  アリアケスミレ  キバナノコマノツメ  ナガバノスミレサイシン  ヒメミヤマスミレ  オオバキスミレ  エイザンスミレ  コタチツボスミレ  サンインタチツボスミレ(仮称)  サクラスミレ  オオタチツボスミレ  マキノスミレ  ニオイスミレ  アカネスミレ  リュウキュウコスミレ  フモトスミレ  アケボノスミレ  ナガハシスミレ  ミヤマスミレ  ヒゴスミレ  ヒナスミレ  アギスミレ  ヒメアギスミレ  シハイスミレ  ヒカゲスミレ  リュウキュウシロスミレ  シロコスミレ  フイリナガバノスミレサイシン  ウスバスミレ  トウカイスミレ  ヤクシマスミレ  フチゲオオバキスミレ  ミヤマキスミレ  ナエバキスミレ  フギレオオバキスミレ  ダイセンキスミレ  ケエゾキスミレ  ナンザンスミレ  エゾアオイスミレ  クモマスミレ  ツクシスミレ  ヒトツバエゾスミレ  テリハタチツボスミレ  ツルタチツボスミレ  ケイリュウタチツボスミレ  オオバタチツボスミレ  アナマスミレ  ホコバスミレ  アツバスミレ  コミヤマスミレ  イブキスミレ  キスミレ  シロスミレ  アワガタケスミレ  アイヌタチツボスミレ  イソスミレ  シコクスミレ  ヤエヤマスミレ  フジスミレ  ゲンジスミレ  ミヤマツボスミレ  ジンヨウキスミレ  アマミスミレ  チシマウスバスミレ  エゾキスミレ  トカチキスミレ  フギレキスミレ  アカバナスミレ  タカネスミレ  エゾタカネスミレ  ヤツガタケキスミレ  タニマスミレ  シレトコスミレ  シマジリスミレ  ホソバシロスミレ  タチスミレ  オリヅルスミレ  シコクミヤマスミレ  オキナワスミレ  コケスミレ  ヒメスミレサイシン  アソヒカゲスミレ  シソバキスミレ 
このほかのスミレ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】