コミヤマスミレ

Viola maximowicziana
スミレ科 スミレ属

植物図鑑のトップページへ


コミヤマスミレ 拡大画面へ



いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コミヤマスミレ 2004年4月30日 兵庫県神崎郡市川町 alt.=204m

【漢字名】小深山菫
【花期】4〜5月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,森林・林縁,河原・渓流

コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ コミヤマスミレ 詳細画面へ

コミヤマスミレ 花は一見フモトスミレなどに似た白花(高知県横倉山) コミヤマスミレ 萼片が反り返り毛があることが,フモトスミレなどとの大きなちがい(高知県横倉山) コミヤマスミレ 葉はやわらかくて毛が多い(宮崎県椎葉村) コミヤマスミレ 中心に向かって赤紫色のぼかしが入るもの(宮崎県椎葉村) コミヤマスミレ 全体が赤紫色を帯びるもの(宮崎県椎葉村) コミヤマスミレ 斑入り(宮崎県椎葉村) コミヤマスミレ 赤紫色を帯び斑が入るもの(宮崎県椎葉村)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

コミヤマスミレの変異VARIATION

HELP

コミヤマスミレ 葉に斑のない個体 1987年5月5日 愛知県鳳来町
コミヤマスミレ 葉の表面が赤紫色に色づくもの 1992年5月13日 兵庫県市川町
コミヤマスミレ ヒュウガスミレと呼ばれる型。宮崎県に見られる。最初は雑種と誤認されたが現在ではコミヤマスミレの一型と考えられている。全体に紫色の色素が少なくコミヤマスミレよりもよりさらに水の滴るような環境を好んで生える 2003年4月9日 宮崎県
コミヤマスミレ 2000年5月14日 宮崎県椎葉村 alt.=728m

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのスミレ属
タチツボスミレ  ニョイスミレ  アオイスミレ  コスミレ  マルバスミレ  スミレ  ヒメスミレ  ニオイタチツボスミレ  ナガバノタチツボスミレ  スミレサイシン  ノジスミレ  エゾノタチツボスミレ  アリアケスミレ  キバナノコマノツメ  ナガバノスミレサイシン  ヒメミヤマスミレ  オオバキスミレ  エイザンスミレ  コタチツボスミレ  サンインタチツボスミレ(仮称)  サクラスミレ  オオタチツボスミレ  マキノスミレ  ニオイスミレ  アカネスミレ  リュウキュウコスミレ  フモトスミレ  アケボノスミレ  ナガハシスミレ  ミヤマスミレ  ヒゴスミレ  ヒナスミレ  アギスミレ  ヒメアギスミレ  シハイスミレ  ヒカゲスミレ  リュウキュウシロスミレ  シロコスミレ  フイリナガバノスミレサイシン  ウスバスミレ  トウカイスミレ  ヤクシマスミレ  フチゲオオバキスミレ  ミヤマキスミレ  ナエバキスミレ  フギレオオバキスミレ  ダイセンキスミレ  ケエゾキスミレ  ナンザンスミレ  エゾアオイスミレ  クモマスミレ  ツクシスミレ  ヒトツバエゾスミレ  テリハタチツボスミレ  ツルタチツボスミレ  ケイリュウタチツボスミレ  オオバタチツボスミレ  アナマスミレ  ホコバスミレ  アツバスミレ  イブキスミレ  キスミレ  シロスミレ  アワガタケスミレ  アイヌタチツボスミレ  イソスミレ  シコクスミレ  ヤエヤマスミレ  フジスミレ  ゲンジスミレ  ミヤマツボスミレ  ジンヨウキスミレ  アマミスミレ  チシマウスバスミレ  エゾキスミレ  トカチキスミレ  フギレキスミレ  アカバナスミレ  タカネスミレ  エゾタカネスミレ  ヤツガタケキスミレ  タニマスミレ  シレトコスミレ  シマジリスミレ  ホソバシロスミレ  タチスミレ  オリヅルスミレ  タデスミレ  シコクミヤマスミレ  オキナワスミレ  コケスミレ  ヒメスミレサイシン  アソヒカゲスミレ  シソバキスミレ 
このほかのスミレ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】