シロコスミレ

Viola lactiflora
スミレ科 スミレ属

植物図鑑のトップページへ


シロコスミレ 拡大画面へ

シロコスミレは,大陸に分布の本拠があるスミレで,日本列島で見られるものの大半は帰化したものだと考えられている。ただし,対馬のものは本来の自生との見方もあるが,もともと半自然的な環境に適応しているスミレだけに,本来の自生かどうか判断を下すのは難しい。湿り気があり日当たりのよい草地などに生える。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


シロコスミレ 2008年4月7日 長崎県対馬

【漢字名】白小菫
【花期】4〜5月 【分布】北海道・本州・四国・九州(帰化植物) 【草丈】足首〜すね
【環境】人里・田畑,原野・草原,湿地・池沼,都市・市街地

シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ シロコスミレ 詳細画面へ
シロコスミレ 花は白色で条が少ない(長崎県対馬) シロコスミレ 花側面(長崎県対馬) シロコスミレ 側弁には細かい毛が生える(長崎県対馬) シロコスミレ 葉は細長いが基部がやや張り出す。葉柄に翼はない(長崎県対馬) シロコスミレ 葉表(長崎県対馬) シロコスミレ 葉裏(長崎県対馬) シロコスミレ 苞(長崎県対馬)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのスミレ属
タチツボスミレ  ニョイスミレ  アオイスミレ  コスミレ  マルバスミレ  スミレ  ヒメスミレ  ニオイタチツボスミレ  ナガバノタチツボスミレ  スミレサイシン  ノジスミレ  エゾノタチツボスミレ  アリアケスミレ  キバナノコマノツメ  ナガバノスミレサイシン  ヒメミヤマスミレ  オオバキスミレ  エイザンスミレ  コタチツボスミレ  サンインタチツボスミレ(仮称)  サクラスミレ  オオタチツボスミレ  マキノスミレ  ニオイスミレ  アカネスミレ  リュウキュウコスミレ  フモトスミレ  アケボノスミレ  ナガハシスミレ  ミヤマスミレ  ヒゴスミレ  ヒナスミレ  アギスミレ  ヒメアギスミレ  シハイスミレ  ヒカゲスミレ  リュウキュウシロスミレ  フイリナガバノスミレサイシン  ウスバスミレ  トウカイスミレ  ヤクシマスミレ  フチゲオオバキスミレ  ミヤマキスミレ  ナエバキスミレ  フギレオオバキスミレ  ダイセンキスミレ  ケエゾキスミレ  ナンザンスミレ  エゾアオイスミレ  クモマスミレ  ツクシスミレ  ヒトツバエゾスミレ  テリハタチツボスミレ  ツルタチツボスミレ  ケイリュウタチツボスミレ  オオバタチツボスミレ  アナマスミレ  ホコバスミレ  アツバスミレ  コミヤマスミレ  イブキスミレ  キスミレ  シロスミレ  アワガタケスミレ  アイヌタチツボスミレ  イソスミレ  シコクスミレ  ヤエヤマスミレ  フジスミレ  ゲンジスミレ  ミヤマツボスミレ  ジンヨウキスミレ  アマミスミレ  チシマウスバスミレ  エゾキスミレ  トカチキスミレ  フギレキスミレ  アカバナスミレ  タカネスミレ  エゾタカネスミレ  ヤツガタケキスミレ  タニマスミレ  シレトコスミレ  シマジリスミレ  ホソバシロスミレ  タチスミレ  オリヅルスミレ  タデスミレ  シコクミヤマスミレ  オキナワスミレ  コケスミレ  ヒメスミレサイシン  アソヒカゲスミレ  シソバキスミレ 
このほかのスミレ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】