オオハマボウ

Hibiscus tiliaceus
アオイ科 フヨウ属

植物図鑑のトップページへ


オオハマボウ 拡大画面へ

オオハマボウは,種子島や屋久島から南西諸島に生える常緑小高木。海岸の塩湿地に多く,特に汽水域のマングローブ周辺でよく見かける。
花期は夏場だが,冬でもポツポツと花を見ることができる。花は一日花でしぼむと赤紫色に変色する。
本州には,よく似たハマボウがあるが,落葉樹である点が決定的に異なる。また,オオハマボウは葉の基部が心形になることが多いが,ハマボウではくさび形から切形のものが多い,葉の鋸歯は,オオハマボウの方が目立たない。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オオハマボウ 2007年6月1日 沖縄県沖縄島

【漢字名】大浜坊 【別名】ヤマアサ
【花期】5月6月7月8月 【分布】九州・沖縄 【草丈】目〜背丈以上
【環境】森林・林縁,湿地・池沼,海岸


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのフヨウ属
掲載種はありません。
このほかのアオイ科
イチビ  ハマボウ  キンゴジカ  ハイキンゴジカ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】