コマユミ

Euonymus alatus forma ciliato-dentatus
ニシキギ科 ニシキギ属

植物図鑑のトップページへ


コマユミ 拡大画面へ

コマユミは,山地に生える落葉小高木。茎に翼があるものをニシキギと呼び,学名上,コマユミはニシキギの品種にあたる。
マユミに似ているが,葉が小型で,花序の花数も少ない。マユミの葉は先が鋭く尖り,基部は広いくさび形になるが,コマユミの葉は,先が鈍形で,基部ははっきりくさび形になる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コマユミ 2008年6月15日 滋賀県伊吹山

【漢字名】小檀
【花期】5〜6月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】胸〜背丈以上
【環境】山地・低山,森林・林縁,原野・草原

コマユミ 詳細画面へ コマユミ 詳細画面へ
コマユミ 花(滋賀県伊吹山) コマユミ 葉(滋賀県伊吹山)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのニシキギ属
マサキ  マユミ  ニシキギ 
このほかのニシキギ科
ツルウメモドキ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】