ウリハダカエデ

Acer rufinerve
カエデ科 カエデ属

植物図鑑のトップページへ


ウリハダカエデ 拡大画面へ

ウリハダカエデは,落葉樹林帯に生える,落葉高木。独特の3浅裂する葉と,和名の由来になった瓜の皮の模様に似た樹皮が特徴。
早春の頃,葉の展開と同時にクリームイエローの花をぶらさげるようにつける。また,黄色から暖かい赤色に紅葉する頃も良く目立つ。普通,雌雄異株だが,稀に同株のこともあるという。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ウリハダカエデ 2008年5月8日 新潟県北魚沼郡川口町

【漢字名】瓜肌楓
【花期】4〜5月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】背丈〜背丈以上
【環境】山地・低山,森林・林縁

ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ ウリハダカエデ 詳細画面へ
ウリハダカエデ 花序(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 花(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 葉は3浅裂する独特の形(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 葉表(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 葉裏(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 葉裏基部(新潟県北魚沼郡川口町) ウリハダカエデ 樹皮には斑点がある(新潟県北魚沼郡川口町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカエデ属
イロハモミジ  ウリカエデ  ハウチワカエデ  イタヤカエデ  メグスリノキ 
このほかのカエデ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】