イタヤカエデ

Acer mono
カエデ科 カエデ属

植物図鑑のトップページへ


イタヤカエデ 拡大画面へ

イタヤカエデは,葉の茂る様子が,板で葺いた屋根のように見えることからこの名がある。カエデ類の中でも葉の形は独特で見まちがえるものはないだろう。花は鮮やかなイエロー。赤味を帯びて出てくる新葉とあいまって美しい。葉は,黄色に色づく。
落葉高木で主に,落葉樹林帯に生える。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イタヤカエデ 2003年4月24日 新潟県古志郡山古志村 alt.=333m

【漢字名】板屋楓
【花期】4〜5月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】背丈〜背丈以上
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,河原・渓流


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカエデ属
イロハモミジ  ウリカエデ  ハウチワカエデ  ウリハダカエデ  メグスリノキ 
このほかのカエデ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】