キダチコミカンソウ

Phyllanthus amarus
トウダイグサ科 コミカンソウ属

植物図鑑のトップページへ


キダチコミカンソウ 拡大画面へ

キダチコミカンソウは,日本では主に琉球の道端に帰化している帰化植物。在来のコミカンソウに似ているが次の点が識別のポイント。
コミカンソウ=果実にいぼ状の突起がある。茎が赤味を帯びる。
キダチコミカンソウ=果実の表面は平滑。全草緑色。
また,やはり亜熱帯を中心に帰化しているナガエコミカンソウは,花柄が著しく長いので見わけられる。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


キダチコミカンソウ 2002年12月19日 沖縄県石垣市 alt.=18m

【漢字名】木立小蜜柑草 【別名】キダチミカンソウ
【花期】1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 【分布】本州(関東)・沖縄(帰化植物) 【草丈】足首〜ひざ
【環境】人里・田畑,都市・市街地

キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ キダチコミカンソウ 詳細画面へ
キダチコミカンソウ 花。葉えきに下を向いてつくので目立たない。花柄はごく短い(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 花序(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 果実。表面に突起はない(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 葉序(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 葉表(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 葉裏(沖縄県石垣市) キダチコミカンソウ 茎と托葉。茎は赤味を帯びない(沖縄県石垣市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのコミカンソウ属
コミカンソウ  ヒメミカンソウ  ナガエコミカンソウ 
このほかのトウダイグサ科
エノキグサ  オオニシキソウ  コニシキソウ  アカメガシワ  トウダイグサ  ナツトウダイ  イワタイゲキ  タカトウダイ  ヤマアイ  シラキ  ノウルシ  ハイニシキソウ  マルミノウルシ  シマニシキソウ  ニシキソウ  ヒメナツトウダイ  ハクサンタイゲキ  ハギクソウ  イブキタイゲキ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】