アカメガシワ

Mallotus japonicus
トウダイグサ科 アカメガシワ属

植物図鑑のトップページへ


アカメガシワ 拡大画面へ

アカメガシワは,山地人里を問わず,荒れ地や崩壊地にいち早く生えてくるパイオニア植物のひとつだ。落葉小高木で雌雄異株。葉は倒卵形で全縁だが,若い個体では浅く3裂するものが多い。芽だしが赤味を帯びるのでアカメガシワの名がある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アカメガシワ 2008年6月19日 愛知県豊橋市

【漢字名】赤芽柏
【花期】5〜6月 【分布】本州・四国・九州・沖縄 【草丈】目〜背丈以上
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,河原・渓流,原野・草原,岩場・礫地,都市・市街地,海岸

アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ アカメガシワ 詳細画面へ

アカメガシワ 雌花序(愛知県豊橋市) アカメガシワ 雌花(愛知県豊橋市) アカメガシワ 雌花側面(愛知県豊橋市) アカメガシワ 雄花序(愛知県豊橋市) アカメガシワ 雄花(愛知県豊橋市) アカメガシワ 葉(愛知県豊橋市) アカメガシワ 雌だしが紅いのが名の由来。また,若い葉は3裂する(愛知県豊橋市)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

アカメガシワの変異VARIATION

HELP

アカメガシワ 雌株 2008年6月19日 愛知県豊橋市

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアカメガシワ属
掲載種はありません。
このほかのトウダイグサ科
エノキグサ  オオニシキソウ  コニシキソウ  トウダイグサ  ナツトウダイ  コミカンソウ  イワタイゲキ  タカトウダイ  ヤマアイ  ヒメミカンソウ  シラキ  ノウルシ  ハイニシキソウ  マルミノウルシ  シマニシキソウ  ニシキソウ  ヒメナツトウダイ  ハクサンタイゲキ  キダチコミカンソウ  ナガエコミカンソウ  ハギクソウ  イブキタイゲキ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】