オッタチカタバミ

Oxalis stricta
カタバミ科 カタバミ属

植物図鑑のトップページへ


オッタチカタバミ 拡大画面へ

オッタチカタバミは,2000年代に入る頃から急速に増え始めた帰化植物。都市の道端や中央分離帯などでよく見かける。カタバミに似ているが,茎が立ちあがり,枝を放射状に伸ばすのが特徴。花後,花柄が下を向くこと,茎に白い毛が多く,托葉がごく小さくて目立たないことがカタバミと詳しく見わける際のポイントになる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オッタチカタバミ 2008年5月12日 岐阜県多治見市

【漢字名】おっ立酢漿草
【花期】4〜6月 【分布】本州・四国・九州(帰化植物) 【草丈】足首〜すね
【環境】人里・田畑,原野・草原,岩場・礫地,都市・市街地

オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ オッタチカタバミ 詳細画面へ
オッタチカタバミ 花はカタバミと区別が難しい(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 花側面(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 葉。曇りや雨の日には閉じる(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 枝を張り出して刮ハをつける(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 刮ハ(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 茎に毛が多く,托葉がごく小さくて目立たないのがカタバミと識別するポイント(岐阜県多治見市) オッタチカタバミ 地下茎(岐阜県多治見市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカタバミ属
カタバミ  ムラサキカタバミ  コミヤマカタバミ  ミヤマカタバミ  カントウミヤマカタバミ  オオヤマカタバミ 
このほかのカタバミ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】