コバノフユイチゴ

Rubus pectinellus
バラ科 キイチゴ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 双子葉植物離弁花類 > バラ科 > キイチゴ属 > コバノフユイチゴ

コバノフユイチゴ 拡大画面へ

コバノフユイチゴは,薄暗い林の中で地面に這うキイチゴの仲間。フユイチゴと名のつくもののなかでも,葉がもっとも丸っこいので識別できる。鋸歯はあるが大きく切れ込んだり尖ったりすることはない。ほかの種は,先端が尖るか,浅く3裂する。
托葉は深く裂ける。この点ではフユイチゴと同じだが,フユイチゴの托葉はすぐに落ちてしまうのに対して,コバノフユイチゴではいつまでもついている。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コバノフユイチゴ 2008年5月28日 神奈川県箱根町

【漢字名】小葉の冬苺 【別名】マルバフユイチゴ
【花期】5〜7月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首(つる草)
【環境】山地・低山,森林・林縁

コバノフユイチゴ 詳細画面へ コバノフユイチゴ 詳細画面へ コバノフユイチゴ 詳細画面へ コバノフユイチゴ 詳細画面へ コバノフユイチゴ 詳細画面へ コバノフユイチゴ 詳細画面へ
コバノフユイチゴ 花は端正(神奈川県箱根町) コバノフユイチゴ 萼片は切れ込む(神奈川県箱根町) コバノフユイチゴ 葉は円心形で中央に赤紫褐色の斑があることが多い(神奈川県箱根町) コバノフユイチゴ 葉表。縁はやや不規則な重鋸歯(神奈川県箱根町) コバノフユイチゴ 葉裏(神奈川県箱根町) コバノフユイチゴ 托葉は細く切れ込む(神奈川県箱根町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのキイチゴ属
モミジイチゴ  コガネイチゴ  ミヤマニガイチゴ  ホロムイイチゴ 
このほかのバラ科
キンミズヒキ  ヘビイチゴ  ヤブヘビイチゴ  キジムシロ  オヘビイチゴ  ウメ  ヤマブキショウマ  クサボケ  ダイコンソウ  ヤマブキ  ミツバツチグリ  カマツカ  オクチョウジザクラ  ウワミズザクラ  テリハノイバラ  ワレモコウ  ヒメキンミズヒキ  オニシモツケ  シモツケソウ  ノウゴウイチゴ  シロバナノヘビイチゴ  オオダイコンソウ  ミヤマダイコンソウ  カラフトダイコンソウ  チングルマ  ヒメヘビイチゴ  ミヤマキンバイ  ツルキジムシロ  ツルキンバイ  アズキナシ  ウラジロナナカマド  コキンバイ  チョウノスケソウ  アカバナシモツケソウ  エゾクサイチゴ  コバナキジムシロ  イワキンバイ  ツチグリ  エゾツルキンバイ  キンロバイ  チシマキンバイ  ヒロハノカワラサイコ  エゾノミツモトソウ  クロバナロウゲ  テリハキンバイ  エチゴキジムシロ  カライトソウ  タカネトウウチソウ  ナガボノワレモコウ  イブキシモツケ  ハゴロモグサ  ミヤマヤマブキショウマ  アポイキンバイ  メアカンキンバイ  エゾノトウウチソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】