ツルキジムシロ

Potentilla stolonifera
バラ科 キジムシロ属

植物図鑑のトップページへ


ツルキジムシロ 拡大画面へ

ツルキジムシロは,羽状複葉の葉を持つ点など,キジムシロに似ているが,地上に匐枝を伸ばしてはいまわるのが最大の特徴。キジムシロは低地や丘陵地の草地に多いが,ツルキジムシロは,亜高山帯や北地の海岸の草地に多い。
北国の海岸には,同じように羽状複葉の葉と匐枝をもつエゾツルキンバイもあるが,こちらは羽状複葉の側小葉の数が多く,大きさが極端に変わることがない。ツルキジムシロの側小葉は一番上が大きく二番目からは極端に小型になる。
また,ツルキジムシロは小葉に毛が多いが,エゾツルキンバイでは裏面に短い毛が生えるだけ。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ツルキジムシロ

【漢字名】蔓雉筵
【花期】5〜6月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,原野・草原,海岸

ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ ツルキジムシロ 詳細画面へ
ツルキジムシロ 花。キジムシロと識別は難しい(北海道釧路市) ツルキジムシロ 萼(北海道釧路市) ツルキジムシロ 花中心部(北海道釧路市) ツルキジムシロ 葉はキジムシロと同じような羽状複葉(北海道釧路市) ツルキジムシロ 匐枝につく葉は3小葉のこともある(北海道釧路市) ツルキジムシロ 匐枝につく羽状複葉(北海道釧路市)(北海道釧路市) ツルキジムシロ 地上に匐枝を伸ばして這い回るのがキジムシロと決定的に違うところ(北海道釧路市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

Y listの関連ページへ

図鑑jpの関連ページへ

このほかのキジムシロ属
キジムシロ  オヘビイチゴ  ミツバツチグリ  ヒメヘビイチゴ  ミヤマキンバイ  ツルキンバイ  コバナキジムシロ  イワキンバイ  ツチグリ  エゾツルキンバイ  キンロバイ  チシマキンバイ  ヒロハノカワラサイコ  エゾノミツモトソウ  テリハキンバイ  エチゴキジムシロ  アポイキンバイ  メアカンキンバイ 
このほかのバラ科
キンミズヒキ  ヘビイチゴ  ヤブヘビイチゴ  ウメ  モミジイチゴ  ヤマブキショウマ  クサボケ  ダイコンソウ  ヤマブキ  カマツカ  オクチョウジザクラ  ウワミズザクラ  テリハノイバラ  ワレモコウ  ヒメキンミズヒキ  オニシモツケ  シモツケソウ  ノウゴウイチゴ  シロバナノヘビイチゴ  オオダイコンソウ  ミヤマダイコンソウ  カラフトダイコンソウ  チングルマ  コバノフユイチゴ  コガネイチゴ  アズキナシ  ウラジロナナカマド  コキンバイ  チョウノスケソウ  アカバナシモツケソウ  エゾクサイチゴ  クロバナロウゲ  ミヤマニガイチゴ  カライトソウ  タカネトウウチソウ  ナガボノワレモコウ  イブキシモツケ  ハゴロモグサ  ミヤマヤマブキショウマ  ホロムイイチゴ  エゾノトウウチソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】