トモエソウ【植物検索・撮れたてドットコム】

トモエソウ

Hypericum ascyron
オトギリソウ属
ENG=オトギリソウ科 Guttiferae
APG=オトギリソウ科 Hypericaceae

植物検索のトップページへ


トモエソウ 拡大画面へ

トモエソウはオトギリソウの仲間で花が最大。もうひとつの特徴は,花弁がらせん状に巻くこと。これが巴のようだとして名の由来になっている。
このふたつの特徴で,まず間違いはないが,葉や萼片に透かして見た時に見える黒点がまったくないのも,ほかのオトギリソウの仲間と見分ける時に,顕著な特徴になる。
湿り気のある草原や明るい林に生える。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


トモエソウ 1990年6月26日 愛知県新城市

【漢字名】巴草
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜胸
【環境】山地・低山,原野・草原,湿地・池沼


トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ トモエソウ 詳細画面へ

トモエソウ 花。花弁が巴状に巻く(山梨県乙女高原) トモエソウ 萼片(山梨県乙女高原) トモエソウ 雌しべ(山梨県乙女高原) トモエソウ 葉を透かしてみたところ。この仲間には珍しく黒点がまったくない(山梨県乙女高原) トモエソウ 葉表(山梨県乙女高原) トモエソウ 葉裏(山梨県乙女高原) トモエソウ 茎(山梨県乙女高原)
トモエソウ 2008年7月30日 山梨県乙女高原

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのトモエソウ関連ページへ

図鑑jpのトモエソウ関連ページへ

トモエソウと同じ属の仲間(オトギリソウ属)
オトギリソウ
  イワオトギリ
  シナノオトギリ
  セイヨウオトギリ
 
トモエソウと同じ科の仲間(オトギリソウ科)
ミズオトギリ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】