ヒツジグサ【植物検索・撮れたてドットコム】

ヒツジグサ

Nymphaea tetragona var. angusta
スイレン属
ENG=スイレン科 Nymphaeaceae
APG=スイレン科 Nymphaeaceae

植物検索のトップページへ


ヒツジグサ 拡大画面へ




いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ヒツジグサ 1997年8月17日 群馬県尾瀬ヶ原

【漢字名】未草
【花期】6〜9月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首以下(水草)
【環境】人里・田畑,山地・低山,高山・亜高山,原野・草原,湿地・池沼


ヒツジグサ 詳細画面へ ヒツジグサ 詳細画面へ ヒツジグサ 詳細画面へ
ヒツジグサ 花は午前11時頃開く(群馬県尾瀬ヶ原) ヒツジグサ 葉は水面に浮く(群馬県尾瀬ヶ原) ヒツジグサ 水中葉(群馬県尾瀬ヶ原)((群馬県尾瀬ヶ原))

ヒツジグサ 群落画面へ

ヒツジグサ


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのヒツジグサ関連ページへ

図鑑jpのヒツジグサ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のヒツジグサより)
睡蓮は中国原産の同属の植物で,品種改良されたものだが,日本に自生する同じ仲間の植物が,ヒツジグサである。
低地の溜池などで見かけたこともあるが,よく目にするのは少し標高の高い高層湿原の池塘などである。尾瀬ヶ原の池塘に葉を浮かべるヒツジグサは,風景写真などでもおなじみだ。
羊の刻(午後2時ごろ)に花を開くというのでこの名がある。実際に何時に開くか観察して見たことがあるが,その日は11時ごろ開き始めた。天候によっては,文字どおり開花が2時ごろになることもあるだろう。
花の時期だけでなく,紅葉の頃も楽しめる美しい水草である。

ヒツジグサと同じ属の仲間(スイレン属)
掲載種はありません。
ヒツジグサと同じ科の仲間(スイレン科)
コウホネ
  オニバス
  ネムロコウホネ
  ヒメコウホネ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】