ミヤマカラマツ

Thalictrum filamentosum var. tenurum
キンポウゲ科 カラマツソウ属

植物図鑑のトップページへ


ミヤマカラマツ 拡大画面へ

ミヤマカラマツは,カラマツソウ属の仲間のうちで,高山に多い種類。葉は2-3回3出複葉で,白い花糸の目立つ花を咲かせる種類はいくつかある。
もっとも多いのはカラマツソウで,やはり高山帯から山地帯まで幅広く分布しているが,全体に大型で葉柄のつけねに大きな托葉があるのがポイントになる。ミヤマカラマツは托葉はない。また,ミヤマカラマツは雄しべの花糸の基部が細くなり柄状になるのに対して,カラマツソウでは下から上まで太さが変わらない。また,カラマツソウでは花期には雌しべにほとんど柄がなく,花の中心部にかたまってついているのに対して,ミヤマカラマツでは柄があり雄しべと識別しにくい。
カラマツソウが日当たりのよい草原に多いのに対して,ミヤマカラマツは林の縁に咲いていることが多い。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ミヤマカラマツ 1997年7月25日 山梨県櫛形山

【漢字名】深山落葉松
【花期】5〜8月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】すね〜腰
【環境】山地・低山,高山・亜高山

ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ ミヤマカラマツ 詳細画面へ
ミヤマカラマツ 花(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 雄しべは白色で,基部が細くなるのが特徴(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 雌しべも柄があり,白色でやや赤紫色を帯びる。雄しべと識別しにくい(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 開花直前のつぼみ。まだ萼片がついている(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 茎。托葉はない(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 複葉。2-3回3出複葉で,カラマツソウなどより葉質は薄い(秋田県秋田駒ヶ岳) ミヤマカラマツ 葉表(秋田県秋田駒ヶ岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカラマツソウ属
アキカラマツ  カラマツソウ  ヒメカラマツ  ナガバカラマツ  シキンカラマツ 
このほかのキンポウゲ科
ボタンヅル  センニンソウ  ケキツネノボタン  ウマノアシガタ  タガラシ  ニリンソウ  シュウメイギク  イチリンソウ  キクザキイチゲ  アズマイチゲ  ヒメウズ  ヤマオダマキ  リュウキンカ  クサボタン  オウレン  キツネノボタン  オオレイジンソウ  カワチブシ  ヤマトリカブト  レイジンソウ  タンナトリカブト  アズマレイジンソウ  サンヨウブシ  オクトリカブト  エゾトリカブト  ルイヨウショウマ  ミチノクフクジュソウ  フクジュソウ  ヒメイチゲ  ミスミソウ  サンリンソウ  ミヤマオダマキ  エゾノリュウキンカ  エンコウソウ  オオバショウマ  イヌショウマ  サラシナショウマ  ミヤマハンショウヅル  ハンショウヅル  トリガタハンショウヅル  セリバオウレン  ミツバオウレン  セリバヒエンソウ  アズマシロカネソウ  トウゴクサバノオ  ミヤマキンポウゲ  トゲミノキツネノボタン  バイカモ  モミジカラマツ  ヒダカトリカブト  エゾレイジンソウ  ウゼントリカブト  ハクバブシ  キタザワブシ  ミヤマトリカブト  カラフトブシ  ホソバトリカブト  キタミフクジュソウ  ユキワリイチゲ  ハクサンイチゲ  エゾノハクサンイチゲ  エゾイチゲ  レンゲショウマ  カザグルマ  シロバナハンショウヅル  バイカオウレン  ミツバノバイカオウレン  サバノオ  サイコクサバノオ  ハコネシロカネソウ  サンインシロカネソウ  ツルシロカネソウ  オキナグサ  ヒキノカサ  セツブンソウ  キンバイソウ  チシマノキンバイソウ  シナノキンバイ  ハナカズラ  イヤリトリカブト  キタダケトリカブト  シコタントリカブト  オオサワトリカブト  フタマタイチゲ  ヤチイチゲ  コミヤマハンショウヅル  コウヤシロカネソウ  キバナサバノオ  チチブシロカネソウ  ツクモグサ  エゾキンポウゲ  ツルキツネノボタン  レブンキンバイソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】