ハクサンイチゲ

Anemone narcissiflora var. nipponica
キンポウゲ科 イチリンソウ属

植物図鑑のトップページへ


ハクサンイチゲ 拡大画面へ

ハクサンイチゲは,日本アルプスのお花畑を構成する代表的な高山植物のひとつ。草地や岩場に生える多年草。
茎の途中にえりまきのような柄のない葉がつき,そこから数本の花柄が伸びて花をつける。
この形はニリンソウにも似ているが,茎は太く花も大きく萼片の数も多いので,高山植物らしい豪華な印象がある。
東北地方や北海道には変種のエゾノハクサンイチゲがあるが,地域的に分布が分かれているので迷う心配はない。小葉の裂片の先が鈍形なのがポイント。ハクサンイチゲは先が鋭い。
四国にはシコクイチゲがあり,花柄にさらに茎葉がつきそこから小花柄を出し花をつける。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ハクサンイチゲ 2003年6月27日 北アルプス白馬岳

【漢字名】白山一華
【花期】6〜8月 【分布】本州(関東,中部) 【草丈】足首〜ひざ
【環境】高山・亜高山

ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ ハクサンイチゲ 詳細画面へ
ハクサンイチゲ えりまきのような葉の上に、数個の花が花束のようにつく(福井県三ノ峰)(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 花(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 花柄。やわらかい毛が生える(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 葉。掌状に深く切れこむ(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 葉表。裂片の先は鋭い(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 葉裏(北アルプス白馬岳) ハクサンイチゲ 茎(北アルプス白馬岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイチリンソウ属
ニリンソウ  シュウメイギク  イチリンソウ  キクザキイチゲ  アズマイチゲ  ヒメイチゲ  サンリンソウ  ユキワリイチゲ  エゾノハクサンイチゲ  エゾイチゲ  フタマタイチゲ  ヤチイチゲ 
このほかのキンポウゲ科
ボタンヅル  センニンソウ  ケキツネノボタン  ウマノアシガタ  タガラシ  アキカラマツ  ヒメウズ  ヤマオダマキ  リュウキンカ  クサボタン  オウレン  キツネノボタン  カラマツソウ  オオレイジンソウ  カワチブシ  ヤマトリカブト  レイジンソウ  タンナトリカブト  アズマレイジンソウ  サンヨウブシ  オクトリカブト  エゾトリカブト  ルイヨウショウマ  ミチノクフクジュソウ  フクジュソウ  ミスミソウ  ミヤマオダマキ  エゾノリュウキンカ  エンコウソウ  オオバショウマ  イヌショウマ  サラシナショウマ  ミヤマハンショウヅル  ハンショウヅル  トリガタハンショウヅル  セリバオウレン  ミツバオウレン  セリバヒエンソウ  アズマシロカネソウ  トウゴクサバノオ  ミヤマキンポウゲ  トゲミノキツネノボタン  バイカモ  ミヤマカラマツ  モミジカラマツ  ヒダカトリカブト  エゾレイジンソウ  ウゼントリカブト  ハクバブシ  キタザワブシ  ミヤマトリカブト  カラフトブシ  ホソバトリカブト  キタミフクジュソウ  レンゲショウマ  カザグルマ  シロバナハンショウヅル  バイカオウレン  ミツバノバイカオウレン  サバノオ  サイコクサバノオ  ハコネシロカネソウ  サンインシロカネソウ  ツルシロカネソウ  オキナグサ  ヒキノカサ  セツブンソウ  キンバイソウ  チシマノキンバイソウ  シナノキンバイ  ハナカズラ  イヤリトリカブト  キタダケトリカブト  シコタントリカブト  オオサワトリカブト  コミヤマハンショウヅル  コウヤシロカネソウ  キバナサバノオ  チチブシロカネソウ  ツクモグサ  エゾキンポウゲ  ツルキツネノボタン  ヒメカラマツ  ナガバカラマツ  シキンカラマツ  レブンキンバイソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】