カトウハコベ

Arenaria katoana
ナデシコ科 ノミノツヅリ属

植物図鑑のトップページへ


カトウハコベ 拡大画面へ

カトウハコベは東北や北海道の高山礫地に生える多年草。自生地は蛇紋岩地帯とその周辺に限られる。卵状披針形で先が鋭くとがる葉が特徴。花弁も先が尖り萼片より長い。アポイ岳や夕張岳には変種アポイツメクサが分布する。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


カトウハコベ 1997年7月10日 岩手県早池峰山

【漢字名】加藤繁縷
【花期】6〜7月 【分布】北海道・本州(東北) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】高山・亜高山,岩場・礫地

カトウハコベ 詳細画面へ カトウハコベ 詳細画面へ
カトウハコベ 花弁は萼と同長か長い(岩手県早池峰山) カトウハコベ 葉は柄がない(岩手県早池峰山)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのノミノツヅリ属
ノミノツヅリ  メアカンフスマ 
このほかのナデシコ科
オランダミミナグサ  ツメクサ  ムシトリナデシコ  ノミノフスマ  ウシハコベ  コハコベ  ミドリハコベ  ミミナグサ  ハマナデシコ  エゾカワラナデシコ  カワラナデシコ  ハマハコベ  フシグロセンノウ  オオヤマフスマ  ワチガイソウ  ワダソウ  ハマツメクサ  シロバナマンテマ  マンテマ  ノハラツメクサ  サワハコベ  ミヤマハコベ  タカネナデシコ  センジュガンピ  ヒゲネワチガイソウ  ウシオハナツメクサ  ウスベニツメクサ  オオヤマハコベ  オオバナノミミナグサ  ミヤマミミナグサ  クモマミミナグサ  シナノナデシコ  エゾタカネツメクサ  タカネツメクサ  ホソバツメクサ  ナンブワチガイソウ  クシロワチガイソウ  フシグロ  エゾマンテマ  シラタマソウ  シラオイハコベ  ナガバツメクサ  イワツメクサ  エゾオオヤマハコベ  シコタンハコベ  アオハコベ  カスミソウ  コバノミミナグサ  オオミミナグサ  タガソデソウ  ヒナワチガイソウ  オオビランジ  タカネビランジ  アポイマンテマ  イトハコベ  エゾハコベ  エゾイワツメクサ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】