ハナタデ【植物検索・撮れたてドットコム】

ハナタデ

Persicaria posumbu var. laxiflora
イヌタデ属
ENG=タデ科 Polygonaceae
APG=タデ科 Polygonaceae

植物検索のトップページへ


ハナタデ 拡大画面へ

ハナタデは,イヌタデ似ているが,より繊細で花序がまばら。また,イヌタデが里の穂あたりのよい草地に生えるのに比べて,ハナタデは山の日陰の湿り気のあるところに生える。
葉形の違いもポイントのひとつ。イヌタデの葉は先端が徐々に細くなるが,ハナタデの葉の先端は尾状になる。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ハナタデ 2002年9月4日 広島県比婆郡西城町 alt.=1197m

【漢字名】花蓼
【花期】8〜11月 【分布】日本全土 【草丈】足首〜ひざ
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,湿地・池沼


ハナタデ 詳細画面へ ハナタデ 詳細画面へ ハナタデ 詳細画面へ ハナタデ 詳細画面へ
ハナタデ 花序はまばら(福岡県豊前市) ハナタデ 花(福岡県豊前市) ハナタデ 葉(福岡県豊前市) ハナタデ 托葉梢の縁の毛は長い(福岡県豊前)

ハナタデ 群落画面へ

ハナタデ 目立たない小さな花だが,木陰に群生すると,独特の存在感を発揮する 2002年9月4日 広島県比婆郡西城町 alt.=1197m


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのハナタデ関連ページへ

図鑑jpのハナタデ関連ページへ

ハナタデと同じ属の仲間(イヌタデ属)
オオイヌタデ
  イヌタデ
  イシミカワ
  ママコノシリヌグイ
  アキノウナギツカミ
  ミゾソバ
  オオケタデ
  サクラタデ
  ヤナギタデ
  シロバナサクラタデ
  タニソバ
  ボントクタデ
  ツルソバ
  ミヤマタニソバ
  ナガバノヤノネグサ
  ナガバノウナギツカミ
  サデクサ
 
ハナタデと同じ科の仲間(タデ科)
ミズヒキ
  イタドリ
  スイバ
  ヒメスイバ
  アレチギシギシ
  ギシギシ
  ミチヤナギ
  オオイタドリ
  イブキトラノオ
  クリンユキフデ
  ハルトラノオ
  ムカゴトラノオ
  ノダイオウ
  コギシギシ
  ウラジロタデ
  オンタデ
  シャクチリソバ
  ツルタデ
  ジンヨウスイバ
  ツルドクダミ
  タカネスイバ
  ナンブトラノオ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】