ミズヒキ【植物検索・撮れたてドットコム】

ミズヒキ

Antenoron filiforme
ミズヒキ属
ENG=タデ科 Polygonaceae
APG=タデ科 Polygonaceae

植物検索のトップページへ


ミズヒキ 拡大画面へ

ミズヒキは,茶花としても好まれるが,このように決して華麗とはいえない花を重んじるのは,野趣を尊ぶ日本文化の象徴といえるかもしれない。
果実を上から見ると赤く見えるが下から見ると白く見える。この点を紅白の水引に見たててつけられた名。
名前のよく似たものにキンミズヒキがあるが,こちらはバラ科で花の色もちがうが構造もまるでちがう。
ギンミズヒキと呼ばれるのは花(果実)の色変わりで白花のもの。
シンミズヒキはまったくの別種で,本種の葉にあるハの字形の紋がなく葉先がとがり,茎が中空。ミズヒキと同じような分布をするが,ミズヒキに比べて少ない。


植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ミズヒキ 1998年9月1日 熊本県波野村

【漢字名】水引
【花期】8〜10月 【分布】日本全土 【草丈】すね〜ひざ
【環境】山地・低山,森林・林縁


ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ ミズヒキ 詳細画面へ
ミズヒキ 果実。上から見ると紅い(福岡県甘木市) ミズヒキ 果実下面。下から見ると白っぽいので,これを紅白の水引にみたててこの名がある(福岡県甘木市) ミズヒキ 托葉鞘は縁毛がある(福岡県甘木市) ミズヒキ 葉(福岡県甘木市) ミズヒキ 葉表。粗い毛が生える(福岡県甘木市) ミズヒキ 葉裏も粗い毛が多い(福岡県甘木市) ミズヒキ 種子(愛知県豊橋市)
ミズヒキ 詳細画面へ
ミズヒキ 花(東京都狭山丘陵)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのミズヒキ関連ページへ

図鑑jpのミズヒキ関連ページへ

ミズヒキと同じ属の仲間(ミズヒキ属)
掲載種はありません。
ミズヒキと同じ科の仲間(タデ科)
オオイヌタデ
  イヌタデ
  イシミカワ
  ハナタデ
  ママコノシリヌグイ
  アキノウナギツカミ
  ミゾソバ
  オオケタデ
  イタドリ
  スイバ
  ヒメスイバ
  アレチギシギシ
  ギシギシ
  サクラタデ
  ヤナギタデ
  シロバナサクラタデ
  タニソバ
  ボントクタデ
  ミチヤナギ
  オオイタドリ
  イブキトラノオ
  クリンユキフデ
  ハルトラノオ
  ムカゴトラノオ
  ツルソバ
  ミヤマタニソバ
  ノダイオウ
  コギシギシ
  ウラジロタデ
  オンタデ
  シャクチリソバ
  ツルタデ
  ジンヨウスイバ
  ナガバノヤノネグサ
  ナガバノウナギツカミ
  サデクサ
  ツルドクダミ
  タカネスイバ
  ナンブトラノオ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】