アカソ

Boehmeria sylvestris
イラクサ科 カラムシ属

植物図鑑のトップページへ


アカソ 拡大画面へ

アカソは山地の道端や草原に生える多年草。
カラムシ属の仲間で,茎や花序の軸が赤味を帯びるのは,クサコアカソコアカソと本種の3種。
アカソは葉の先が3裂するのでほかの2種と識別は容易。クサコアカソは葉が小さく基部がくさび形で。低木で茎は木質化する。
クサコアカソは,アカソと同じように多年草だが,葉の先が3裂しない。
アカソは,どちらかというと日本海側の山地に多く,内陸から太平洋側の山地に多いクサコアカソ,西南日本の太平洋よりの山地に多いコアカソとすみ分けている。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アカソ 1999年8月24日 長野県大鹿村 alt.=1429m

【漢字名】赤麻
【花期】7〜9月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】すね〜目
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,河原・渓流,原野・草原

アカソ 詳細画面へ アカソ 詳細画面へ アカソ 詳細画面へ アカソ 詳細画面へ アカソ 詳細画面へ アカソ 詳細画面へ

アカソ 雄花。4本の雄しべがある(滋賀県伊吹山) アカソ 雌花。雄花雌花とも,赤っぽくて花序全体が赤みを帯びるのがヤブマオとのちがい(滋賀県伊吹山) アカソ 茎も赤みがかる(滋賀県伊吹山) アカソ 葉の先は深く3裂する(滋賀県伊吹山) アカソ 葉表(滋賀県伊吹山) アカソ 葉裏(滋賀県伊吹山)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

アカソの変異VARIATION

HELP

アカソ 花の色が淡い個体。また,花期が終わりに近づくと、花序は赤味がうせて褐色になる。 2002年8月10日 滋賀県伊吹山

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカラムシ属
ヤブマオ  カラムシ  メヤブマオ  コアカソ  ラセイタソウ  クサコアカソ  ナガバヤブマオ 
このほかのイラクサ科
ミズ  アオミズ  ヒメウワバミソウ  ウワバミソウ  ムカゴイラクサ  ミヤマイラクサ  カテンソウ  ミヤマミズ  エゾイラクサ  イラクサ  ヤマトキホコリ  サンショウソウ  オオサンショウソウ  キミズ  コバノイラクサ  チョクザキミズ  アラゲサンショウソウ  ヒュウガサンショウソウ  ナガバサンショウソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】