クリ

Castanea crenata
ブナ科 クリ属

植物図鑑のトップページへ


クリ 拡大画面へ

クリは野生の樹木というより,秋の味覚としておなじみの樹木だ。栽培されるものは,実が大きな系統を選別したものだが,種としては野生のものと同じである。縄文時代から栽培されているといわれる日本ではもっとも古い作物のひとつだ。
6月に,クリ独特の香りとともに雄花をぶらさげる。目立つのは雄花だが,雌花は花序の基部に上を向いて小数つく。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


クリ 栽培される系統は花序も大きい 2008年6月10日 岐阜県中津川市

【漢字名】栗
【花期】6月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】背丈〜背丈以上
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,都市・市街地

クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ クリ 詳細画面へ
クリ 花序。ふわふわしたのはすべて雄花。雌花は花序の基部に小数がつく(岐阜県中津川市) クリ 雄花(岐阜県中津川市) クリ 雌花(岐阜県中津川市) クリ 葉(岐阜県中津川市) クリ 葉表(岐阜県中津川市) クリ 葉裏(岐阜県中津川市) クリ 樹皮(岐阜県中津川市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのクリ属
掲載種はありません。
このほかのブナ科
マテバシイ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】