アスナロ

Thujopsis dolabrata
ヒノキ科 アスナロ属

植物図鑑のトップページへ


アスナロ 拡大画面へ

アスナロは,一見,ヒノキに似ているが,葉はより厚くて光沢があり,爬虫類のうろこのように見える。また,果実の種鱗と呼ばれる部分の背面が尖るので果実全体が角ばった感じであることも,ヒノキとの違い。樹皮はヒノキよりも赤味が少なく灰褐色。
材は有用だがヒノキよりは落ちるという。そこで,「明日ヒノキになろう」というのでアスナロの名がある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アスナロ 2008年6月10日 長野県木曽郡大桑村

【漢字名】翌檜 【別名】アスヒ,ヒバ
【花期】5月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】背丈以上
【環境】山地・低山,森林・林縁

アスナロ 詳細画面へ アスナロ 詳細画面へ アスナロ 詳細画面へ アスナロ 詳細画面へ アスナロ 詳細画面へ
アスナロ 葉。ヒノキよりがっしりした感じがする(長野県木曽郡大桑村) アスナロ 葉表(長野県木曽郡大桑村) アスナロ 葉裏(長野県木曽郡大桑村) アスナロ 果実は種鱗の背面と呼ばれる部分が尖るのが特徴(長野県木曽郡大桑村) アスナロ 樹皮。ヒノキよりも赤味が少なく灰褐色(長野県木曽郡大桑村)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアスナロ属
掲載種はありません。
このほかのヒノキ科
ヒノキ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】