いがりまさし野の花撮影術 記事一覧に戻る
TG-2に超アップ専用ディフューザーを自作
カテゴリー機材
レベル初級
折りたたみ式クローズアップディフューザー

折りたたみコップを改造

超クローズアップを自然光で撮影すると、どうしても被写界深度とシャッタースピードが足りない。これを解決するにはストロボを使うのがいちばんだが、内蔵ストロボをそのまま照射しても、影になってしまってうまくライティングできない。そこで、発案したのがクローズアップディフューザー。

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!





TG-2に付属しているバヨネットカバーを利用。もともと、このバヨネットにはテレコンバーターなどの専用アクセサリーを装着できるようになっている。そのバヨネットカバーに、マーナの折りたたみコップを接着。バヨネットカバーには凸凹があり、難渋したがなんとか装着。あとは、中心をカッターでくりぬく。

バヨネットカバーの代わりに、オリンパスから出ているコンバーターアダプター CLA-T01 を使った方がもっと接着しやすいだろう。




使ったのはマーナの折りたたみコップ。各色あるが、もちろん白がいい。サイズはMがぴったりだった。シリコン製で折りたたみ自在。カメラを落とした時の保護もある程度期待できるかも。

作例は次の記事へ

【前の記事】

【次の記事】

【記事一覧】

【作例集】

【TOP】


ユーザー登録すると、
撮れたてドットコムのすべての機能を使うことができるようになります。
いますぐ登録

このページへのダイレクトリンク歓迎です